看護師

主な症状

事務をする看護師

うつ病は、誰もがなる危険性のある病気です。そのうつ病は、本人も気づかないうちになっていることがあります。早めに対処できるようにするためにも、どういった症状があるのか知っておく必要があります。

» 詳細を確認する

症状の種類

医師と看護師

うつ病は、とても複雑な問題です。また一つだけでなく、様々な症状や種類があります。症状によって病名や治療法も変わってきます。うつ病の種類について詳しく紹介していきます。

» 詳細を確認する

社会問題

ガッツポーズの医師

近年よく耳にするうつ病は、人事ではありません。
ストレス社会な現代、誰がなってもおかしくないのがうつ病です。
うつ病になる人は、年々増加し、深刻な社会問題として対策が考えられています。
いまや一般的な病気になりつつあり、自分でもしかしたらと病院を受診して診断をしている人も多いです。
ストレスを溜めない・真面目に行動しすぎないことが大事になってきます。
力を上手に抜くことが出来れば、うつ病になる確率は少なくなるでしょう。

うつ病は、その人にしか苦しみは分からないので、身近に病気にかかった人がいた場合どうすればいいのか困っている人がほとんどです。
うつ病を発症した人の中には、病院への受診を断る人もいます。
症状が現れて、病気の可能性があれば、本人でなくても家族が先に相談に行くことも出来ます。
家族に伝えることも大事ですが、専門的な知識を持っている精神科や心療内科を受診すると早い改善が期待できるでしょう。

うつ病の症状を緩和するには、休養を取ることが大事になってきます。
仕事を一生懸命やっていた人には、説得をして休養させましょう。
仕事が原因で、うつ病になる人も少なくありません。
休養だけでなく、薬を飲むことも改善につながります。
抗うつ剤といって、セロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質の働きをよくするものです。
飲むことによって、情報伝達がうまくでき、うつ病改善につながると考えられています。
薬も飲みながら、焦らずに、家族が見守りながら行っていきましょう。

薬による治療法

院内で談笑する医師二人

一般的に行われているうつ病の治療は、薬での治療です。症状によって投与される薬も違ってきますが、抗うつ剤を主に使用します。それ以外にも治療法があるので簡単に紹介していきます。

» 詳細を確認する

Copyright(c) 2015 現代人に増加するうつ病の症状を知って理解する. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com